ホーム > 院長先生のブログ > 腰痛 > 腰を屈めても痛く無くなった!(狭窄症)
院長先生のブログ

腰を屈めても痛く無くなった!(狭窄症)

こんにちは

では本日も早速症例です。

 

町田市にお住まいの送迎運転手をされているAさん(60代男性)

 

週三回送迎の運転のお仕事をされているAさんは

ジョギングすることが大好き

15分歩くだけてでも痛みが出てくるので

大好きなジョギングはお休み中

 

特に今年の3月から

前屈したり、立ち上がる時、歩行中に左腰に強い痛みが出る

長く座った後に立ち上がると、左足外側にシビレ感がある。

その時、たまにガクンと力が入らなくなる

セキをするだけでも左腰が痛む時がある。

 

病院でレントゲン、MRI検査を行ったら

「脊柱管狭窄症」、「3,4番がつまっている」と診断された。

 

座っている時の姿勢が腰に強い負担をかけているようで

初回来院時から浅く座らないように注意し、この日から実践。

また痛みを我慢して歩き続けないように注意してもらいました。

 

そうすると2回目の来院時には

「痛みはあったが、今までみたいな強い痛みは出なかった。」と喜んで頂けました。

 

3回目来院時には

「1時間の軽いランニングも行うことが出来た」と脅威の回復

この時は、前屈すると痛みが出る時がある。

と毎回痛かった前屈も痛くなく出来るようになってきました。

 

4回目

ラジオ体操の左に腰をヒネる動きが痛い。

前屈は痛みなくできるようになった。

「5/26に開催されるウォーキング大会に友達と参加する。」とのこと。

 

まだ痛みが完璧に取れていないので

ジョギングやウォーキングも、今はお休みしていた方が早く良くなるのですが

ご本人は行いながら回復させていきたいとのこと。

 

今は順調に回復に向かっているので良いでしょう。

今後痛くなったり、回復があまり見られない様子だと

ジョギングやウォーキングは中止してから施術を行なって行きましょうねsign03