ホーム > 院長先生のブログ > 脊柱管狭窄症 > 脊柱管狭窄症 「こんな優しいやり方で良くなるとは」
院長先生のブログ

脊柱管狭窄症 「こんな優しいやり方で良くなるとは」

こんにちは

本日も早速症例です。

 

町田市にお住まいのSさん(60代男性)

 

症状は

歩くと太もも、ふくらはぎに引っ張られるような痛みを感じる

太もも、ふくらはぎにシビレ感もある

 

レントゲン検査では「4,5番に脊柱管狭窄症」があると診断された

 

歩くと引っ張られる痛みを我慢して

学生の通学の安全を守る「見守り隊」に参加している。

(持ち場の場所に行くまで歩いている時が痛い)

 

初回施術時には

身体のバランスを整え

腰周りの筋肉が緊張が強かったため念入りに緩めて行きました。

そしてSさんはジムに行って筋トレやストレッチを行い

身体を動かすことが好きなようなので

簡単に出来る自己ストレッチをお教えしました。

 

施術後は「筋肉が柔らかくなってる感じがする。少し楽。」と帰宅

 

2回目来院時には

「突っ張って痛い感じがかなり楽になりました。」

「シビレは少し残っている感じだが、前とぜんぜん違う」

「こんなに優しいやり方で良くなると思わなかった。」

と順調に回復中

この調子でよくなって行きましょうねnote

 

2013/05/28