ホーム > 院長先生のブログ > 脊柱管狭窄症 > 【狭窄症 痛みなく歩ける日が来るなんて幸せです!】
院長先生のブログ

【狭窄症 痛みなく歩ける日が来るなんて幸せです!】

【狭窄症の痛みを感じず、歩けるようになって幸せです!】

 

脊柱管狭窄症からくる右臀部痛  /  70代 /  女性 / 町田市在住

 

【どんな症状で悩んでいましたか?】

歩いているうちに座骨あたりから太ももにかけて痛みが出る。

腰痛 おばあさん-min.jpg

 

仰向けになろうとするとお尻に強い痛みが出て足が伸ばせない。

 

整形外科に通っているが一向に痛みが引かない上に強い痛みが出て歩けなくなってきていて不安に思っていました。

 

【来院時の状態は?】

この痛みさえなくなればいいのに・・・と言って来院されました。

仰向けになってもらおうとすると「痛い!」と言ってお尻を浮かします。

夜寝る時も痛くて大変。希望は痛み無く外を歩きたいとの事。

習字と座り仕事の姿勢から狭窄症が進行しているようでした。

 

【どのように改善していったの?】

初めてから1か月間は来るたびに「とにかく痛い!」を繰り返していました。

右臀部をしょっちゅう手やこぶしで叩いています。筋肉を叩くことで筋肉の細胞が潰され、再生できなくなってしまいます。この悪しき習慣を止めてもらいました。

 

2か月目に入ると足を伸ばして寝られるようになり、外を歩けるようになりました。

3か月目に入るころには遂にあの強い痛みから解放される日がやってきました。

歩いても、足を伸ばしても痛みが出ません。

 

「このまま一生強い痛みから解放されないのではないかと思っていましたが、この日かくるなんて幸せです」

と名言を残されてご卒業の運びとなりました。