ホーム > 院長先生のブログ > ヘルニア > 足のシビレ ヘルニア改善例
院長先生のブログ

足のシビレ ヘルニア改善例

ヘルニアが改善して 仕事に復帰できました!

ヘルニア / シビレ / 腰痛 / 足の痛み 

 

【どんな症状でお困りですか?】

 

  • 左足のシビレと痛み腰痛.jpg
  • 左足首くるぶしの外側が強く痛む。
  • 左ふくらはぎがつれて痛い
  • 腰が冷たく痛む

             

病院で左腰のヘルニアと診断され

スーパーのパートの仕事も休んで治療に通っていましたが

一向に状態が改善せず、足を引きずりながらご主人に連れられて来院されました。

             

毎朝痛みが強くて起き上がれない。トイレに立っていくのが大変との事です。

             

 

【施術1回目~検査からわかった身体の状態~】

 

身体を検査すると左臀部に塊のようなしこりがあります。

左腰の筋肉も緊張で固くなっています。

             

可動域を確認するとヘルニアの方特有の症状が現れますので

痛みが伴わないように慎重に施術が必要と判断しました。

             

             

【どのような施術を受け改善していきましたか?】

 

身体の歪みを整え、緊張を緩和し優しく丁寧に施術していきました。

背骨ラインを整え痛みからくる腰背部の緊張を緩和し血液循環を整えていきました。

             

初回終了時は、病院通いでは味わえなかった身体の変化を感じ取れたようで、

「痛みが減った」「体が動く」「楽!」とても喜んでもらいました。

             

身体の状態はまだまだ大変な状態が続くので最初の1週間は連日施術を受けて頂きました。

             

2週目に入ると強い痛みからも開放されて来ましたので、少しづつ身体を動かして頂き

翌週には仕事に復帰できました。

             

完全復帰するまでは週2回のペースで施術を受けて頂き

来院してから3週間後にはめでたく完全復帰を果たす事が出来ました。

             

             

【院長より一言】

             

この患者さんの場合、長年柔らかいベットに寝ているために

背骨が歪み骨盤が曲がってきて、

体を支えている腰の筋肉を損傷するまでに至ったのが1番の原因のようです。

             

私の指示に従って柔らかいベットを止め、

背中を丸める姿勢に気を付けて頂く事で悪化を防ぎ、

正しい処置(=私の施術)を適正間隔で受けて頂く事で早期改善へとつながりました。

             

普段の姿勢や寝具はとても重要な要素ですので今後はこの点に気を付けて過ごして頂ければと思います。