ホーム > 院長先生のブログ > 臀部の痛み | 町田の整体【慢性症状】の改善で評判の「からだ回復整体町田」

臀部の痛み | 町田の整体【慢性症状】の改善で評判の「からだ回復整体町田」

【足の痛みやしびれで夜寝れない。毎日の恐怖から解消されました】

【お尻、太もも裏からふくらはぎまでの痛み/しびれ/50代/女性/相模原市在住】

 

【どんな悩みがありましたか?】

【腰痛でお困りなら からだ回復整体町田】腰痛 足の痛み 足のしびれ .JPG

 

お尻、太ももの裏からふくらはぎにかけての

強い痛みとしびれが悩みでした。

痛くて夜寝ていても2時間ごとに目が覚めてしまい、とてもつらかったです。

 

3、4年前には動けなくなった事もあり、

病院でMRIを撮った際は、

腰椎5番のクッションがないと言われました。

 

ブロック注射も試してみましたが痛みが一向に改善されず、

しょっちゅう強い痛みが襲ってくるので怖くて仕方がありませんでした。

そのため、痛み止め(リリカ)を1日2回(8時と20時)飲んで凌いでいました。

 

【感想】

毎日、毎晩襲ってくる強い痛みが恐くてたまりませんでしたが、

からだ回復整体町田で初めて施術を受けた後、

痛みが弱くなり、自分の身体も楽になりました。

 

「もしかしたらこの痛みから本当に解放される日がくるかもしれない」と

少し前向きな気持ちに変わっている自分に気付きました。

 

今まで薬にしか頼ることができず、恐怖や不安でいっぱいな毎日でしたが、

院長先生のアドバイスを聞いて、施術を受けるうちに

身体の痛みも、心の不安も良くなっていきました。

 

今まで病院やどこに行っても改善されなかった症状がよくなって本当に嬉しいです。

 

【症状の原因と改善の経過】

あまりにも頻繁に強い痛みが身体に襲ってくるため、

「痛い・痛い・怖い怖い」が口癖になっているようでした。

そのため、まずは身体の歪みを整え、痛みからくる緊張を解いていきました。

 

2回目に来院された時は「だいぶ身体が楽です」と仰っています。

 

「何とかしてこの恐怖から脱失したい」との事で回数券を購入されて

痛みから解放されるようにしっかりと向き合って頂きました。

 

痛みを起こしている主な原因を特定していくと、椎間板の詰まりで反応していました。

圧迫している椎間板にアプローチしながら

疲労している内臓にもアプローチしていきます。

 

回を重ねて行くうちにみるみる改善されて行き

体が楽です「こんな事が出来るようになりました」と前向きな発言が増えてきました。

 

通っている途中、何度か痛みでマイナス思考になりそうな時もありましたが

1か月後、「あれ程強い痛みがあったのに、今はもう殆ど何も出なくなった」と

非常に喜んでいます。

 

延べ11回の施術で見事に改善されたのでご卒業となりました。

 

腰痛でお困りの方はこちらもご覧ください。

坐骨神経痛バーナー.png

 

【町田市の整体院】からだ回復整体町田

staff.jpg

【町田市の整体院】からだ回復整体町田では、病院や他の治療院に通っても症状が改善されないとお困りの方々と日々向き合っています。当整体院の整体技術は、一般的な押したり揉んだりする整体とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みや捻じれを解消させていくのが特徴です。安全で効果の高い整体施術法なので、デリケートな小さなお子様、高齢者、妊婦さんから、手術を考えるほどの重症者の方も多く来院し変化を実感しています。

【狭窄症 痛みなく歩ける日が来るなんて幸せです!】

【狭窄症の痛みを感じず、歩けるようになって幸せです!】

 

【狭窄症の症状でお悩みではないですか?】

「病院で脊柱管狭窄症と診断された」

「歩いているとお尻から太ももに痛み、シビレが出る」

「歩いていると痛みやシビレが強くなるため長時間歩いていられない」

「膝から下にかけて電気が走ったようなピリピリとしたしびれやハリが出る」

こんな症状でお困りではないですか?

 

【狭窄症の方々はこんな思いをしています】

日常の買い物、せっかくの旅行やお出かけ等楽しいイベントが待ち構えていても、こんな症状を抱えていると、

「ツラいから出かけるのを諦めようか…」と、尻込みしてしまいますよね。

脊柱管狭窄症の症状でお悩みの患者さんのうち、70%以上の方は70歳以上のシニアの方々と言われています。

 

幸いなことに、歩行時に出ていた痛みやシビレは座ったり、腰を伸ばすと痛みやシビレが和らいでくる。じっとしていればツライ痛みやシビレが出ないのも狭窄症の特徴です。


しかし、狭窄症がひどい方は、足を伸ばせない程の痛みが出てしまったり、あまりの痛さにしゃがみこんでしまう方もいます。

 

【一般的な狭窄症の治療方法】

病院に行ったら「手術しか方法はありません。」と言われた方もよく耳にします。

 

一般的に狭窄症を改善する方法は手術の他に薬物療法(消炎鎮痛剤、血流の改善薬)

物理療法(腰部固定帯、フレクションブレース)

ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック)

運動療法(ストレッチ、腹筋、背筋の強化)などが挙げられます。

 

【当院では手術や機械や薬に頼らず改善した方がたくさんいらっしゃいます】

「手術を勧められ、治る方法は手術しかないのかしら。」

「薬を処方され症状が改善されない」

と相談され、当院に来る患者様もたくさんいらっしゃいます。

 

当院では薬や、機械などを一切使わず、手技のみで脊柱管狭窄症を改善できたかたもいらっしゃいます。

「なんとかして脊柱管狭窄症を改善したい」とお考えであれば、私たちがあなたの力になりますのでお問い合わせください。

 

では、ここから当院で改善した方の症例をご紹介します。

 

【脊柱管狭窄症からくる右臀部痛 の改善症例】

 70代 /  女性 / 町田市在住

 

【どんな症状で悩んでいましたか?】

歩いているうちに座骨あたりから太ももにかけて痛みが出る。

腰痛 おばあさん-min.jpg

 

仰向けになろうとするとお尻に強い痛みが出て足が伸ばせない。

 

整形外科に通っているが一向に痛みが引かない上に強い痛みが出て歩けなくなってきていて不安に思っていました。

 

【来院時の状態は?】

この痛みさえなくなればいいのに・・・と言って来院されました。

仰向けになってもらおうとすると「痛い!」と言ってお尻を浮かします。

夜寝る時も痛くて大変。希望は痛み無く外を歩きたいとの事。

習字と座り仕事の姿勢から狭窄症が進行しているようでした。

 

【どのように改善していったの?】

初めてから1か月間は来るたびに「とにかく痛い!」を繰り返していました。

右臀部をしょっちゅう手やこぶしで叩いています。筋肉を叩くことで筋肉の細胞が潰され、再生できなくなってしまいます。この悪しき習慣を止めてもらいました。

 

2か月目に入ると足を伸ばして寝られるようになり、外を歩けるようになりました。

3か月目に入るころには遂にあの強い痛みから解放される日がやってきました。

歩いても、足を伸ばしても痛みが出ません。

 

「このまま一生強い痛みから解放されないのではないかと思っていましたが、この日かくるなんて幸せです」

と名言を残されてご卒業の運びとなりました。

1